Top
GARMIN>Garmin カスタムPOIの作り方まとめ(POI-Generator2)

2008年06月29日

Garmin カスタムPOIの作り方まとめ(POI-Generator2)

アレを手に入れたので、過去エントリでバラバラになってるカスタムPOI作成の備忘録でもまとめてみる。以下は自分の作り方なのでおかしいところがあるかもしれないけど放置でお願いします。

◆必要ソフトの入手

1.POI-Generator2の入手

Yahoo電話帳から必要なデータを引っ張ってきて、重複削除・異業種削除・Geocodingによる精度向上とかを全自動で行った上にGarmin形式のcsvで出力してくれる素敵なソフト。作者サイトで最新版を入手。最新かどうかの確認は落としたxlsファイルのプロパティを見てみるとそのファイルの作成日、バージョンとかがわかる。

2.POI Loaderの入手

Garmin形式のcsvをまとめてカスタムPOI化してGarmin機に転送してくれる必須ソフト。Garminサイトで入手。ただし日本語POIを作るつもりなら、いいよねっとからPOILoader Japanを入手して使った方が文字化けする可能性が低くなる。

◆POI-Generator2で料理する手順

基本的なことはPOI-Generator2の最初のシートに説明書として載っているのでそこを読むべし。ここでは検索条件として載ってないものを追加する方法を書いてみる。

1.カスタムPOIの言語設定

カスタムPOIが日本語表記じゃなきゃ困る人いるじゃないですか。動作させる前に忘れず最初のシート上のチェックボックスをチェック。日本語のままがいい人はローマ字表記しない、ローマ字になって欲しい人はローマ字表記にチェック。

2.検索条件シートの入力方法(POI-Generator2掲載文を抜粋)

A列にある業種別またはチェーン店で検索を行います。
B列は、変換したcsvファイルの保存ファイル名(.csvを除いたもの)です。
C列は、0が業種別、1がチェーン店別となります。
D列から右方向の列に記入された業種別に該当しないものは電話帳から削除されます。

この記述方法に合わせて入力すれば検索条件として登録される。

で、最終的には下図のように入力するのが目標。条件は怪しいので信じないように。

「コーヒーショップ」「マンガ喫茶」はローマ字表記バージョンとして。「100円ショップ」以下は日本語表記バージョンとして入力してみた。違いはB列、csv名。このcsv名は後で変えればいいのでどうでもいいけど、最後に転送する段階では注意した方がいいかも。

さて、ではどうやってこの条件を見つけるか。以下に書いていく。

3.検索条件を見つける

POI-Generator2がデータを引っ張ってくる元はYahoo電話帳なのでそこを活用する。基本は自分の欲しい業種名・キーワードで検索して、その結果で入力方法を考える。

(例1)コーヒーショップ

「コーヒーショップ」で検索をかけると「カテゴリとの一致」が出てきたのでこれはそのまま「業種名」として通用する。→ C列=0、D列=カテゴリコード

※POI-Generator2のバージョンアップにより、このパターンではカテゴリコードが必要になったので追記。カテゴリコードが何かとかはよくわからんのだけど、例として入っている「アウトドア用品」の記述から判断するに以下のものだと推測される。

Yahoo電話帳で「アウトドアショップ」のカテゴリのページを表示させたときのURLは

となっており、POI-Generator2での表記は

となっているので、該当カテゴリのページURL末尾にある数字から「3」を省いたものがカテゴリコードと思われる。この数字をD列に記入のこと。

※追記

POI-Generator2の作者様よりコメントありましたので掲載。

カテゴリはG1、G2、G3という順番で格納されており、POI-Generator2ではG3のコードを使用する、とのこと。上の例で行けばG1=04、G2=0009、G3=1705000。G2以上の検索はできないとのこと。

(例2)マンガ喫茶

「マンガ喫茶」もコーヒーショップと同じ結果なのでそれに準拠。

(例3)100円ショップ

「100円ショップ」の場合はカテゴリとの一致がゼロ。つまり業種名として登録されていないので上2つの方法が使えない。ではどうするかというと、検索結果の本文右の方を見てみる。

「業種」と書かれたところにYahoo電話帳でカテゴリとして登録されている語句がずらずらと書いてあるのでこれを使う。検索結果を見て、たぶん自分が欲しいと思われる店の業種名をチェック、検索条件シートのD列に入力していく。入力間違いを起こすと意味がないのでコピペ推奨。この方式の場合はC列=1。これがいわゆる「チェーン店別」という条件なので、キーワードでデータを引っ張るような場合はこのやり方となる。ちなみにC列=1でD列に何も入力しないとデータが全部削除されてエラーとなるので注意。蛇足です。

4.POI-Generator2をスタート

ここまでやってからPOI-Generator2の最初のシートで「起動」ボタンを押せば、検索条件に上で入力したものが出てくるので選択してスタート。できあがりまでひたすら待つ。

なお、Yahoo電話帳か、その後精度を高めるためのGeocodingか分からんけども、無茶な使い方をする輩を排除する目的なのか時々通信エラーが出るので、そうなったら諦めて時間を置いてスタートすること。ちなみにGeocoding時点でのエラーの場合(電話帳取得済後)は、いったん名前を付けて保存し、再度開いてctrl+bを押すとGeocoding処理からのスタートが可能らしい(作者掲示板情報より)。

また、件数がめちゃくちゃ多い(例 ガソリンスタンド)場合はExcelの限界値である65535行を超えてしまったり、Yahoo電話帳から一時的なアク禁状態になってタイムアウト、結果としてエラーとなることが多い。ちなみにエラー後でも電話帳にエラーまでの情報は残るので、マクロを強制起動させることでcsvまで持ってくこともできるけど根本的な解決にはなってない。ではこういう場合の回避策としては、地域別に小分けにして検索をかけ複数のcsvを作り、後でExcelでなくテキストエディタで”合体”させるという力業を推しときます。「地域別の小分け」については「地名リスト」シートにある都道府県名のうち、検索にかける範囲だけを残して後は全て削除→検索スタート、てなことを繰り返すと可能。POI-Generator2の本体のxlsファイルだけは変更を保存しないでおけば開き直すことで削除した地名リストも復活。最近のYahoo電話帳は”一時アクセス規制状態”に入ると抜けるのにかなり時間を置かないといけないんでご注意を。

できあがった後位置確認が必要なものがいくつか出てくると思うけど、完璧主義な人は住所を参考に探して緯度経度を入力するべし(例えばこのサイトとかを利用)。自分は面倒なのでばっさり削除。なお、E列に出る位置確認URLは転送時不要というかエラーの原因になるので最終的には削除必須。POI-Geneator2の出番はここまで。

◆csvの整形

整形ってほどたいしたものじゃないけどある程度いじれるので。変なのが混じることがあるので排除することも必要かも。

(1)コメント欄の編集

POI-Generator2には自動でコメント欄(D列)にその店の電話番号を入力する機能があるけど、いっそのことC列にある店名もコメント欄に入れたい場合。C列店名は略称を入れるという前提で。まあ特殊な使用方法です。

(1)当初データ: C列/長い店名、D列/電話番号
(2)E列に「=C1&CHAR(10)&D1」でオートフィル
(3)E列全体コピー→F列に値のみコピー
(4)D・E列削除→C列に略称を入力

「CHAR(10)」がExcelのセル内改行コードらしいのでそれを使ってる。なお、コメントや店舗名に改行が入る場合は必ずそのデータを「"(二重引用符)」で囲むこと。この辺りはPOI Loaderのヘルプが詳しい。

ちなみに、eTrexとかでは電話番号コメントが有効だったのにColoradoだとアウト。全然見れない。理由不明。

(2)<b></b>タグの除去 ※現バージョンでは不要

日本語カスタムPOI作ろうとして、店舗名ローマ字表記を切ってるとこの太字タグが混じったまま出力されることがある。適当なメモ帳で置換で排除。

(3)株式会社・有限会社・○○事業部

温泉とかでPOI作ろうとすると、よくこれらが削除されないまま出てくることがある。Yahoo電話帳に登録されてしまっているので仕方ないところだけど、ここはただの事務所とかで目的のものでは無い。ただ、そうじゃないところもあるので難しいところ。メモ帳とかで適当に排除、気の向くままに。

(4)アラームの設定

速度アラーム、近接アラームが必要な場合は設定。詳細はPOI Loaderのヘルプ参照。簡単に書くと以下。

・C列の店舗名の後に「@30」とか付けると速度アラーム
・速度アラームの設定値 × 36秒で計算される距離が近接アラーム(自動設定)
・csvファイル名に「redlight」が含まれると、その中の全てに400mの近接アラームが自動設定
・csvファイル名に数字が含まれると、その中の全てに自動で「@数字」が付与されたものと見なされる(速度アラーム)
・csvファイル名に「GATSO」「mobile」「SPECS」「safety」「speed」「camera」が含まれてかつ数字が無い場合、その中の全てに自動で「@0」が付与されたものと見なされる。速度に関係なく警告されるようになる。

普通の施設とかのPOIを作るときは、csvファイル名を設定するとき、特に数字を含まないように注意。

(5)csvファイルの統合

csvファイルをあまりに小分けしてしまうと、Garmin機で検索かけるときに返って面倒なことになることが多々あるので、「チェーン店別」検索結果を同業種でまとめることがある。単にcsvで書き足してくだけの話なんだけど、店によっては異なるジャンルで複数にわたってYahoo電話帳登録されている可能性が高い。複数登録してもしょうがないので、重複したものを手動で削除する必要がある。そのやり方の一例。ただしこれはコメントに電話番号を入力する設定の場合。

@重複行非表示設定

D列(電話番号)を選択し、「データ」→「フィルタ」→「フィルタオプションの設定」を選び、「重複するレコードは無視する」にチェック。→重複するデータが非表示

AE列に「*」等を入力。目印。

B重複行非表示解除

「データ」→「フィルタ」→「すべて表示」で非表示解除、E列で並べ替え→「*」の入力の無い行をばっさり削除

CE列に入力した目印を削除。完了。

◆オービスデータ

オービス関係について少し。いいよねっとにXプロダクツ用のオービスデータが置いてあるじゃないですか。でもpoi.gpiでまとめられちゃってるのでこれを何とかcsvにしたいわけで。変換する方法を探すと2つほど見つかったので書いておく。

(1)GPSBabelを利用

一番真っ先に思いついたのはコレ。入力を「Garmin Points of Interest (.gpi)」、出力を「Garmin POI database」にして、出力されたものにcsvの拡張子を付けてやれば一応使える。ただし日本語文字化けで読めたもんじゃなくなるので適当に整形のこと。

(2)WEBサービスを利用

検索してたら海外の掲示板でヒット。場所はこのサイト。poi.gpiを読ませてcsvで出力。出てきたものも文字化けは最小限に抑えられてたのでなかなかよさげ。

あとは他のcsvと同じように使っていけばOK。昔、どこかのオービスデータから変換して作った記憶があるけど詳細な手順は忘却の彼方。

◆アイコンの作成

POI Loaderでcsvを転送する前に、csvファイルと同名のbmpファイル(256色・24×24まで)が同じフォルダ内にあるとそれをアイコンと見なしてくれるので、カスタマイズに凝る人はどうぞ。

・アイコンの探し方

他で作ったアイコンを利用するのが一番楽。著作権的には怪しいけど。Googleマップとかgooとかの地図サービス内、ヘルプ>地図アイコンについて的なところを探すと幸せになれるかも。適当な画像ソフトでアイコン相当部分を切り出して利用。他にもアイコンを公開してくれてる所が多いので、そういう場合はアイコン形式でなくgifとか画像形式でいただいて利用。英語だけどアイコン検索サービスとかもある。こことかここ

・アイコンの作成、編集

ちょうどいいものが見つからない場合は、縮小専用。などの縮小ソフトやEDGE(256色専用ドットエディタ)などを利用して気の済むまで。

なお、「255,0,255」のマゼンタは背景透過色として見なされるので、丸いアイコンとかも簡単に作れる。

・アイコンの大きさの最適解

人それぞれな気もするけど下図を参考に。eTrexの画面(220×176)。

16×16                10×10

  

Colorado(240×400)だと10×10だとあまりに小さく感じるので、13×13くらいがベストかなあとか勝手に思ってる。下図はColoradoで13×13。

◆POI Loaderで転送

上で作ったcsv、bmpを一つのフォルダにまとめ、POI Loaderを起動してそのフォルダを指定、転送すればカスタムPOIの登録作業は完了。フォルダの中のものが全て一括で転送されることになる。POI Loaderで転送できる相手は、USB等で繋いだGarmin機本体メモリと、カードリーダーに入れたSDカード等。

なお、転送先によって転送場所が違うので使うGarmin機によっては不具合が出る。本体→「GARMIN」フォルダ内に「POI」フォルダ生成、外部メモリ→ルートに「POI」フォルダ生成。少なくともGamrin Mobile XTではこれによる不具合あり。フォルダの移動等で対処のこと。

気をつけることは、英語で使う場合なら通常のPOI Loaderでいいけど、日本語表示で使いたいなら日本語版のPOI Loaderでないと文字化けする確率が非常に高いこと。海外版の方がバージョンは新しいので悲しいこともあるけど仕方なし。

また、転送でエラーが出た場合はどこでエラーが出たのかある程度表示されるので、該当ファイルを見直してちゃんと書式に従った入力がされているかどうかを確認。複数ファイルを一括転送して一つのファイル(poi.gpi)にまとめるということをしているので、一つで転けると全部転けるので注意。

◆Garmin機でチェック

ちゃんと転送されたかどうかを実機でチェック。表示されるかどうかはともかく、アイコンとかもちゃんとなってるか見ておく。

ここに書くけど、転送するcsvファイルを分ける意味がちゃんとあって、一つはcsvファイルごとにアイコンが関連づけられること。もう一つが、疑似ジャンル検索みたいなことができること。この疑似ジャンル検索にcsvに付けられたファイル名がタイトルとして出てくるので、わかりやすい名前を付けとかないと検索しづらく面倒。疑似ジャンル検索の仕方は、POI検索画面でカスタムPOIを選んで、そのサブメニューから行う。

例のアレ(これについては後日)

いやー、やっぱり日本語は見やすいなーてことでカスタムPOI関係は以上。

追記。恐らく日本語化した台湾Coloradoのみで使えると思われる技を一つ。

「データベース選択」を活用するためにcsvを分けたりする時、それぞれのcsvにアイコンが付けられるため、例えば「コンビニ」を「セブンイレブン、ローソン、サークルK…」とかで分けたりすることが多々ある。こうすると地図上が賑やかになり、よく見知ったアイコンが地図に見えるので目印的にも使いやすくなるのは確か。

ただその反面、分けたcsvは上記の「データベース選択」画面で全て羅列されてしまうため、単純に近くのコンビニを探したりするときには非常に面倒。これを回避するためには全てのコンビニを一つのcsvにまとめるしか無いと思ってた。ただ、こうすれば近くのコンビニを探すのが楽になる反面、アイコンは1種類しか付けられない。相反する2つをまとめる良い方法は無いかな、ということでこの技。

単純なことで、「一つ一つに分け、なおかつアイコンも関連づけたコンビニのcsv群」と「それらを全て一つにまとめたcsv」を同時に登録するだけ。ただそれだけだとやっぱり「データベース選択」の時にずらずら全てが羅列されてしまうことに変わりはないので、日本語化した台湾Coloradoならではのバグを利用する。と言っても通常の使用方法では無いのでバグじゃないんだけども。

日本語化した台湾Coloradoでは表示できない文字(組み合わせ?)というものが存在する。例えば「ガソリンスタンド」はなぜか表示できずに空白となるし、たぶん半角カナも表示できない。で、この文字(組み合わせ)が入った名前を付けられたcsvは「データベース選択」でなぜか「同じ名前のcsv」と認識されるっぽい。コンビニを使った具体例で行くと「表示用」という名前をcsvに付けてみる。

たぶん「表示」が表示できない「ダメ文字」に当たると思われる。こうした上で転送してみると・・・

空欄となってなぜかまとまる。ラッキー。ちなみにこの空欄を選ぶと「ダメ文字」が入ったcsvは全部一緒くたになって選択される。

てことで、このバグ技を利用するとコンビニが別々にアイコン表示でき、なおかつデータベース選択で羅列もされない、という状態が作り出せる。なお当然ながら「全てを一つにまとめたcsv」の方は検索専用のcsvなので、地図上にアイコン表示させる必要はなく、関連づけるアイコンは「255,0,255」の1x1ピクセルのアイコンを充てること(1ドットの透明アイコン)。

台湾Coloradoでしか恐らく使えないし、バージョンアップでこのバグは無くなるかもしれないし、何か悪影響があるかもしれないので保証しませんが一応紹介しときます。





posted by Cat at 14:30 | Comment(19) | TrackBack(0) | GARMIN
この記事へのコメント
初めまして。
Garminの資料収集中にどこかで見かけたソフトの紹介があったのでお邪魔しました。(^_^;)

大変詳しい説明ありがとうございます。
名称の太字タグは今のバージョンは解消されているはずです。お試しください。
もともとは非日本語ユーザー向けのソフトなので、日本語関係のチェックがあまりしていないので、ご迷惑をおかけしています。
店名表記の株式会社や有限会社はローマ字変換では名前が長くなる関係でカットするようにしているのですが、日本語ではこのような表記も重要な意味を持つ場合もあるのであえて残してきましたが、不必要でしょうか?ご意見いただければ幸いです。

また、お店と判定しないものは、 名称末尾に、"事務所" 、"エリア"、"営業部"、"相談室"、"本社"、"支社"、"本部"、"受付"がつくものおよび、"予約"、"配送センタ"、"受注センタ"、"(FAX)"を含むものとしています。他によい排除基準がありましたら、こちらもご教示願えれば幸いです。

新しくした業種選択の方法については、仰る通りの方法です。
業種コードはG1、G2、G3の順でURLに表記されています。ガソリンスタンドの場合は、G1=エネルギー、鉱業、G2=石油、G3=ガソリンスタンドとなります。
これを略して、G3項目だけで検索を行っているのでg3〜という"〜"部分を調べれば汎用に使えます。ただし中項目以上(G1,G2)だけでの検索は出来ませんので宜しくお願い致します。

ついでに、日本語使用の方にはあまり関係ないですが、gpx出力可能な最新バージョンもアップしていますので是非お使いの上、ご意見いただきたいと存じます。
Posted by ひーくん at 2008年09月21日 22:15
これはこれは。いつも便利なものを提供いただきありがとうございます。勝手気ままに書いてますのでお恥ずかしい限りです。

>株式会社や有限会社
日本語表記上でも不要かと思います。どうせそこまで厳密なエータベースを作るわけじゃないですし、自分は見やすさ優先の方がいいかと思います。

>お店と判定しないもの
ここに載ってるもので十分対応できてます。この重複削除機能は便利ですね。例えば「酒店」のような個人経営がずらっと出てくるもにはFAX登録が非常に多かったりしますし。

>業種選択
詳しい説明ありがとうございます。とりあえず推測が当たってほっとしております。

>gpx出力可能
「POI to GPX」試してみましたが、自分の環境ではどんなcsvを持ってきても「変換作業を中止しました」となってしまって常時エラーでした。例えば「139.7454178,35.65871717,TokyoTower」だけのシンプルなものもアウト。XML方式だとある程度タグが使えるようになるみたいなので面白そうです。

たいした意見もできませんが、これからもPOI-Generatorの開発を応援しております。
Posted by Cat at 2008年09月23日 07:57
応援と情報ありがとうございます。

>株式会社や有限会社
 日本語表記もこれらのものを排除するようにしました。

>「POI to GPX」試してみましたが、自分の環境ではどんなcsvを持ってきても「変換作業を中止しました」となってしまって常時エラーでした。
 POI-Generator2のモジュールを使っていますが、その移行する際に誤りがありました。訂正しました。

ということで、ホームページの最新版をお試しの上、ご意見お聞かせください。
Posted by ひーくん at 2008年09月26日 21:59
対応ありがとうございます。

新版のPOI-Generator2のgpx出力は試してませんが、「POI to GPX」を試してみました。今度はエラーが出ることもなく無事csv→gpxの出力ができました。

gpx形式だとコメント部分がいろいろいじれそうなので面白そう。本音を言えば日本語にも対応いただけると非常に嬉しかったり。いつも便利なツールを感謝です。
Posted by Cat at 2008年09月29日 02:28
以前にコメントを書かせて頂いたことがございますが・・・。

私も「ひーくん」さん作成の[POI-Generator]や[POI to GPX]を使用させて頂いて居ります。

私の使用GARMIN機は、[GPSMAP 60CS系-Japan Ver.]なのですが、zumo550を使用してる知り合いに、「都内駐車場MAP.gpx」を作成・提供したことがありました。

その後、私個人用に簡単な[EXCEL]用マクロを組んで、「CSV==>GPX」に変換して居りました。

ソレ用の簡単な「取扱説明書」を作りましたので、とりあえずソレ用のソレを読んで頂いて、もし良かったら「試用」して見ますか?
Posted by hide at 2008年11月22日 14:19
興味深いですね。CSVでのPOI登録には情報量に限界があるので、日本語対応ならば試させて欲しいところです。ご検討をお願いします。
Posted by Cat at 2008年11月22日 19:57
例の『試用で私用に使用仕様版?』ですが、
その後、「不都合発生」はございませんでしたか?

ところで、今回「少々Ver .UP」致しました。

いかがいたしましょうか?
前回と同様の方法で良いのでしょうかね??

「簡単なお返事」ならば、ここに・・・、
「詳しいお返事」ならば、メールにて・・・。
Posted by hide at 2008年12月20日 12:12
この前はありがとうございました。お返事が遅くなりましてすみません。

特に不都合は発生していないのですが、OregonのカスタムPOIの
検索性の悪さにカスタムPOIはあまり触らなくなってしまっているので
有効利用ができないかもしれません。
OregonにはカスタムPOI検索でのサブメニューの復活を強く望みます。

それにしても出来は素晴らしいと思います。公開しないのが惜しまれますね・・・
Posted by Cat at 2008年12月23日 23:14
colorado400t を使用しています。
参考にさせてもらって挑戦しているんですが
転送時にエラーがでて転送できません。
有効なファイルが無いとか言われてしまいます。
csvファイル保存の際に
「互換性のない昨日が含まれています」
と出るのも関係しているのでしょうか?
csvは
経度、緯度、店(日本語)、電話番号
となっています。
お時間ありましたら、力を貸してください。
Posted by hiro at 2009年02月11日 22:58
>csvファイル保存の際に
>「互換性のない昨日が含まれています」

「互換性のない機能が含まれています」の間違いでは?
これについては、そちらの関係のお勉強をなさって下さい!

[POI Loader]の「日本語版」や「英語版」やver,の違いなどにより、可否の違いがある様です。
後は、ファイル名の関係でしょうか?

並び順の基本は、
『<経度>,<緯度>,"<名前>@<警告速度>"," コメント"』
ですので、そのままで良いのかと存じますが・・・。

以上の内容のモノは、「某巨大掲示板」にも流れていますよね?!
Posted by hide at 2009年02月21日 08:43
>csvファイル保存の際に
>「互換性のない昨日が含まれています」

「互換性のない機能が含まれています」の間違いでは?
これについては、そちらの関係のお勉強をなさって下さい!

[POI Loader]の「日本語版」や「英語版」や各ver,により、可否の違いがある様です。
後は、ファイル名の関係でしょうか?

並び順の基本は、
『<経度>,<緯度>,"<名前>@<警告速度>"," コメント"』
ですので、そのままで良いのかと存じますが・・・。

以上の内容のモノは、「某巨大掲示板」にも流れていますよね?!
Posted by hide at 2009年02月21日 08:46
「互換性のない機能が含まれています」の間違いでは?
これについては、そちらの関係のお勉強をなさって下さい!

[POI Loader]の「日本語版」や「英語版」や各ver,により、可否の違いがある様です。
後は、ファイル名の関係でしょうか?

並び順の基本は、
『<経度>,<緯度>,"<名前>@<警告速度>"," コメント"』
ですので、そのままで良いのかと存じますが・・・。

以上の内容のモノは、「某巨大掲示板」にも流れていますよね?!
Posted by hide at 2009年02月21日 09:07
>hideさん

ありがとうございます。
日本版POILOADERの旧版を使って転送できました。
最新版ではだめみたいです。
Posted by hiro at 2009年02月27日 12:31
作者のひーくんさんのHPに
「POIGenerator2Yahoo!電話帳の仕様変更によりこのソフトは動作しません」

と書いてありますね、せっかく良いソフトを見つけたのに残念です。
Posted by 英colorado 400t at 2009年03月09日 20:26
最近POIGenerator2の事を知ったんですよね・・・
なんとかcsvとbmpを手に入れる方法は無い物か・・・
Posted by ぃこ at 2009年06月16日 14:37
始めまして。カスタムPOIを作りたいのですが、POI-Generator2の最初の説明書がどこに、あるか分かりません。教えてください。出来れば、すべての流れも教えて欲しいです。
Posted by 和田隆行 at 2009年12月17日 17:58
和田隆行 様、
ここのサイト管理人[Cat]さんの応答が無いご様子なので、私[hide]が代わりに・・・。

ここの貴殿の2つ前のコメントに有ります様に、該当ツールは「機能不能」の状態です。
製作者[ひーくん]さんのサイトに於いては、リンクが切れていて「配布停止」になっております。


> POI-Generator2の最初の説明書がどこに、あるか分かりません。

すでに「機能不能」であるツールの「説明書」に意味があるのでしょうか?
「◆POI-Generator2で料理する手順」の項目にCatさんも記述されておられます様に、
『基本的なことはPOI-Generator2の最初のシートに説明書として載っているのでそこを読むべし。
ここでは検索条件として載ってないものを追加する方法を書いてみる。』の通りです。
よって、該当ツールが入手できなければ見ることは不可能です。

・・・ですが、以下のWeb上のキャッシュ
http://74.125.153.132/search?q=cache:sFwcAlymcnUJ:www31.ocn.ne.jp/~hisaoh/xls/POI-Generator2.xls+garmin+custom+poi&cd=10&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja
にアクセスすれば、ソレの「説明書」が、HTMLファイルでの確認ができます。
後は、先ほど「リンクが切れていて・・・」と記述いたしましたが、
http://www31.ocn.ne.jp/~hisaoh/xls/POI-Generator2.xls
にアクセスすれば、「機能不能」状態のソレ「本体」がDL可能です。

どうしても[POI-Generator2]の様に「Web電話帳より情報収集するツール」をお望みならば、
私も関係しているのですが、[波多利郎]さん作成の[GetLocInfo]はいかがでしょうか?
ソレ「本体」は、下記のURLにアクセスすれば、そこのサイトのリンクよりDL可能です。
http://homepage2.nifty.com/utopia-planitia/getlocinfo.htm
なお、ソレを使用した「カスタムPOI作成手順メモ」と言うモノが、
http://blog.livedoor.jp/cappera/archives/51613159.html
に有ります。


> カスタムPOIを作りたいのですが、・・・

「Web電話帳より情報収集するツール」を使用しないのであれば、・・・

緯度・経度からGarmin用POIを作る
http://sohod.jpn.ph/gps/poi.htm

Garmin CSV file format
http://www.poi-factory.com/garmin-csv-file-format

custom poi / カスタムPOI
http://tka.jp/wiki/?custom%20poi%20%2F%20%A5%AB%A5%B9%A5%BF%A5%E0%A3%D0%A3%CF%A3%C9

geko201&geko301の話(nuvi900)
http://geko.2702m.com/?cid=50707

hideのメモblog
http://machide.blog98.fc2.com/blog-entry-7.html

CUSTOM POI作成とGPSへの登録方法
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ida-online/GPS/coustomPOI/POILoader.htm
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ida-online/poi-make-set.html

・・・の上記サイトなどを参考になさってはいかがでしょうか?


とりあえず、この辺りで・・・。
Posted by hide at 2009年12月25日 01:16
hideさん、有難う御座います。さっそく試してみます。また、結果を報告します。
Posted by 和田 at 2010年01月09日 14:09
御世話に成ります。ガーミン550と言うバイク用のナビを所有しておりますが初めてカスタムPOIと言う言葉を知りました。ネットより情報を取り自分で作って見ようと思いましたがフリ-ソフトのPOI-Generator2がDL出来ません。既にホームペ−ジが閉じられて様です。もし出来るならPOI-Generator2のフリーソフトを上記のアドレスに送って頂きたいのですが宜しくお願いします。
Posted by 石橋正行 at 2016年03月16日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。